年末年始の短期アルバイト、お給料がいつ貰えるのか必ず確認を。

   2014/01/04

賃金の支払われ方に関しては、年末年始の短期のアルバイトでもとても大切なことです。
働き始めてからでは聞きづらいこともあるので、応募時にはしっかり確認しておくようにしましょう。

支払いの方法は手渡しか振込か、振込はどの銀行で、振込手数料も給料からひかれてしまうのかも確認しておきます。
賃金の支払い方法も年末年始の短期アルバイトの場合、その日にもらえる日払いや週払い、一般的な月払いもあります。

「月締めタイプ」とは月末締めの翌月25日振込など、月末で勤務時間を計算し、決まった期日に振り込まれるタイプです。年末年始の短期アルバイトなどで勤務開始日から締め日までの期間があく場合に、お給料日がとてつもなく遠く思えてしまうでしょう。

週払いタイプは曜日で区切って支払う場合と、アルバイトの期間から1週間分を割り出し週ごとに支払うタイプを言います。

日払いはその日の分をその日の仕事の終わりに手渡しで支払われることがほとんどです。
日払いの場合でもお仕事が長期にわたって行われる場合などは、月給を前払いと言う形で日割り計算するところもあります。

年末年始の短期アルバイトについては、このサイトも参考に。

契約に交通費支給とある場合はいつ支払われるものなのか確認しましょう。その企業によっては、それぞれ給料と交通費は支払いのタイミングが異なることもあります。

  • 働いた分から引かれる住民税などの税金についても確認しておきましょう。
  • 給料明細は受け取った後早目に内容を確認しておきましょう。
  • 賃金の計算方法やその金額に不明な点があれば、その時にすぐ確認しましょう。

万一にも、支払いの件で勤務先に大きな問題があるような場合には、労働基準監督局へ相談してみてください。
派遣会社より受けた年末年始の短期アルバイトであれば、派遣会社にも賃金が発生します。派遣会社を通して仕事をし場合は確認も、直接関わりのある勤務先ではなく、派遣会社の担当者にすることになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket